【2024.7月度】Appsアップデート情報

Discordボット機能でルールを作成して自動でロール付与・剥奪できる拡張機能「Discord自動化ルール」[Stripe/UnivaPay対応]

拡張機能「Discord自動化ルール」使用の前提条件

拡張機能「Discord自動化ルール」を使用するために、「Discordボット」のインストールが必要になります。「Discordボット」インストールの詳細はこちら

拡張機能「Discord自動化ルール」とは

顧客の決済状況に応じて、Discordメンバーに自動でロール(役割)を付与したり剥奪したりするルールを設定できます。

例えば

有料会員になると、ロールA(有料会員用のチャンネル)を付与して、解約するとロールAを剥奪して、代わりにロールB(無料会員用のチャンネル)を付与するというような自動化されたルールを適用することができます。

どの決済フォームに対応してる?

  • 1回払い
    一回払いはロール付与のみ
  • 定期払い
    ロールの剥奪、サーバーキックに対応しているのは「定期払い」のみです
  • 毎月払い(回数制限付き)

「Discord自動化ルール」の使い方

  1. Apps管理画面にログイン
  2. サイドメニュー「決済ページ作成 » 決済タイプ[1回払い or 定期払い or 毎月払い(回数制限付き)]をクリック
  3. 「新規プラン作成」または既存プランの「編集」をクリック
  4. ページ下部の「拡張機能の設定をする」をクリック
  5. 「自動化 » Discord自動化ルール」をクリック
    前提条件として、「Discordボット」のインストールが必要になります。
  6. 作成したいルールの数だけ「+」をクリック
  7. 「いつ(必須)」ドロップダウンからトリガーを選択する
    ・申し込み時(自動)
    ・申し込み時(手動)
    ・解約時
    ・決済エラー
    ・休会時
    「決済エラー」は定期払いと毎月払い(回数制限付き)のみ、「休会時」は定期払いのみ選択可
  8. 「どのサーバーの(必須)」ドロップダウンからDiscordサーバーを選択する
  9. 「どのロールを」ドロップダウンからロールを選択する
  10. 「どうする(必須)」ドロップダウンからアクションを選択する
    ・ロール付与
    ・ロール剥奪
    ・サーバーキック
  11. 「重複ガード」の設定をする(ロール剥奪・サーバーキックルールのみ)
    「重複ガード」とは、例えば複数のプランを契約している顧客がいたとして、片方のプランを解約したときに自動で重複しているロールの剥奪やサーバーキックしないようにするための機能です。チェックをオンにするとルールが重複しているプランを考慮して勝手にロール剥奪やサーバーキックされることを防ぐことができます。基本的にはチェックをオンにしておくのがおすすめです。
  12. 「作成」もしくは「更新」を登録して設定完了です

関連する機能

よくあるご質問

以前は、プラン申し込み時のDiscordアカウント連携設定(サーバーキックやロール剥奪など)が、申し込み後に設定を変更しても当初の状態が引き継がれるとのことでした。つまり、申し込み時に「プラン解約=サーバーキック」としていた場合、後から「ロール剥奪」に変更しても、最初の「サーバーキック」が適用されるという理解です。現在もこの仕様は変わっていないでしょうか?
はい、申し込み時のルールが適用されているため、その後にルールを変えたとしても変更以前に登録された顧客に関しては以前のルールが適用されます。顧客のロール変更からルールを変更することが可能です。

以上

Appsのアカウントを作成する(無料)

Appsアカウント作成方法はこちら

Apps管理画面にログイン

┗STEP.2〜STEP.4について、次項の「2. 試しに決済ページを作ってみる」で詳しくご説明します。

サイドメニュー「他の機能を追加+」をクリック
「決済ページ作成」をインストール

対応ツール

Stripe 決済UnivaPay 決済
PayPal 決済Discord チャット

システム解説

◯◯する方法

標準機能

Apps管理画面のサイドメニューに表示されている機能です。

拡張機能

決済ページ作成画面のサブエリアで設定できる機能です。

支払い方法

PayPal 1回払いのみオート銀行振込 1回払いのみ

価格・料金体系

入会金 定期払いのみ初月日割り請求 定期払いのみ
無料お試し期間 定期払いのみ消費税

自動化

表示

顧客入力

在庫管理

ページデザイン

その他

オプション機能

さらにAppsを便利に使いたい人向けの機能です。