【2024.4月度-3】Appsアップデート情報

3. 審査用販売サイトを作る

UnivaPayをご利用予定のお客様へ

Apps限定プランはUnivaPay公式サイトから申し込むことはできません。このページの手順通りに進めてください。

カード審査はほぼ販売サイトの内容で決まる

StripeやUnivaPayのアカウント作成には販売用のホームページが必要です。「サイトは作っていません。今まで銀行振込でお願いしていました」という方も、クレジットカード決済を導入したいのであれば販売サイトを用意する必要があります。

また、その販売サイトの内容がStripeやUnivaPayの審査の大半を左右します。利用前の準備で最も重要な項目と言っても過言ではありません。

サイト作成以降の流れ

審査通過のためのサイト作成のコツ

StripeやUnivaPayの審査をクリアするために重要なのは下記です。

  • 使っていはいけないワードを含めない
  • 審査に通らない料金体系・サポート期間にしてはいけない
  • 法律に基づいた表記を必ず含める

また、Appsでは、下記サポートを提供しています。

  1. 具体的なNG事例を解説した「ウェブサイト作成ガイドライン」の提供(Stripe・UnivaPay対応)
  2. 過去の審査通過事例を元にした的確なサイト修正アドバイス
  3. リーズナブルな価格で審査用販売サイト構築代行サービスの提供
    ※ご自身でサイトを作成できない方向けのオプションサービスです

ウェブサイト作成ガイドラインの入手方法

  1. Appsのアカウントを作成をする(無料です)
  2. 登録完了メールに記載されたURLに記載されている「決済代行会社-審査通過の手引き」をご確認ください

サイトが完成したらApps運営事務局に目視チェック依頼をしよう

AppsではStripe、UnivaPay申請前に販売サイトに不備がないかチェックする「目視チェックサービス」を行っております。Appsサポートコミュニティから「Appsログインメールアドレス」と「審査に提出するサイトのURL」をお送りください。UnivaPayに関してはこちらの目視チェックをクリアした方にのみ申し込み方法をお伝えしております。

以上

Appsの始め方 目次