【2024.2月度-2】Appsアップデート情報

8. AppsとStripeを連携させる

Stripeのアカウントが作れたらAppsと連携させます。

StripeのAPIキーを取得

APIキー取得ページにアクセス

  1. Stripeにログイン
  2. 右上にある「開発者」ボタンをクリック
  3. ページの左側の「APIキー」をクリック
  4. APIキー取得ページにアクセスできました

本番キーを取得

APIキー取得ページの真ん中あたりに「標準キー」という項目があり、その下に「公開可能キー」と「シークレットキー」という項目があるのでそれらをコピーしてメモ帳などに控えていきます。

  1. まずは「公開可能キー」をコピー
  2. pk_livesから始まる文字列をコピーしてください
    クリックorタップするだけでコピーできます
  3. それをメモ帳などに貼り付けておきます
  4. 次に「シークレットキー」をコピー
  5. 「本番キーを表示」をクリック
    以前にStripeを利用したことがある方は「本番キーを表示」という表示がされません。この場合は右の「シークレットキーを作成」をクリックしてください。本番キーを再取得できます。
  6. ポップアップが表示されますのでさらに「表示」をクリック
  7. パスワードを求められるのでStripeのログインパスワードを入力
  8. sk_livesから始まる文字列をコピー
    クリックorタップするだけでコピーできます
  9. それをメモ帳などに貼り付けておきます

テストキーを取得

次に「テスト」のキーを2つ(公開可能キーとシークレットキー)取得します。

  1. APIキー取得ページの右上の「テスト環境」もしくは「テストデータを表示」をクリック
  2. すると先ほどコピーしたキーがテスト用のキーに切り替わります
    公開可能キーが「pk_live~」から「pk_test~」に変わっています
  3. 本番キーの取得と同様にコピー(pk_testから始まる文字列とsk_testから始まる文字列)
  4. それらをメモ帳などに貼り付けておきます

キーの確認

pk_lives
sk_lives
pk_test
sk_test

から始まる4つの文字列がメモ帳にコピペできてるかを確認し、問題なければAPIキーの取得は完了です。

Apps管理画面にStripeのAPIキーを登録する

次にAppsにログインしてAPIキーの登録をします。

登録方法

  1. Appsログイン
  2. サイドメニューの「API連携設定」をクリック
  3. 「Stripe API設定」項目を確認
  4. 本番環境の公開可能キーに「pk_lives」から始まる文字列を貼り付けます
  5. 本番環境のシークレットキーに「sk_lives」から始まる文字列を貼り付けます
  6. 「決済で利用するカード種類」にチェックを入れます
  7. テスト環境の公開可能キーに「pk_test」から始まる文字列を貼り付けます
  8. テスト環境のシークレットキーに「sk_test」から始まる文字列を貼り付けます
  9. ページ下部の「更新」という緑のボタンをクリックして登録完了です

「決済で利用するカード種類」の注意点

Stripeでは最初から使えるクレジットカードはVISA・MasterCard・American Expressの3種類です。 そのためAppsでもこの3つには最初からチェックが入っています。

注意点
  • JCBとDiners Clubには審査があります
  • 審査はStripeアカウント作成時に自動的に開始されます
  • 審査に通過するとStripeからメールが届きます
  • 審査に通過したらこちらのページからチェックを入れることで決済フォームでもJCBやDiners Clubが対応可となります

よくあるご質問

Appsに銀行口座の登録をする必要はないのでしょうか?
はい。Appsはあくまでも各ツールのリモコン、ハブの役割です。Appsで作成した決済フォーム経由の売上はすべてお客様がご利用の決済代行会社(この場合はStripe)に売上として計上され、決済代行会社に登録した銀行口座に入金されます。

初心者ガイド 目次