【2024.4月度-3】Appsアップデート情報

StripeとStripe Billingの違いはなんですか?

Appsの拡張機能「定期払い」では、Stripe Billingを使うこともできますが、使わないでサブスクリプション決済フォームを作成することもできます。このページではStripeとStripe Billingの違いについて解説していきます。

定期払いのプラン編集画面

Stripe Billingとは

Stripeには様々なオプション機能があります。「Stripe Billing」もStripeのオプション機能の一つです。Stripe Billingを利用すると、Stripeを使ってサブスクリプション決済ができるようになります。Stripeでサブスク決済をしている方は全員Stripe Billingというオプション機能に自動的に申し込んでいると考えてください。

それに対してAppsではStripe Billingを利用せずにサブスク商品の決済フォームを作れるように独自でシステムを開発しています。そのためStripe Billingを利用する必要がありません。

Stripe Billingのデメリット

「Stripe Billingを使わなくていいのは分かった。けど使う場合と使わない場合だと何が違うの?」

こんな疑問にお答えします。

Stripe Billingを使うと下記のようなデメリットがあります。

  • Stripe Billingの手数料がかかる(決済金額の0.5%・2023年5月現在)
  • 途中で価格を変更することができない(2023年5月現在)

つまり、Stripe Billingを使うと単純にコスト増になります。また、途中で価格を変更したい場合にシステムで変更ができないので一度顧客に解約してもらわないといけません。

AppsではStripe Billingを使うかどうか選べる

Appsは「Apps+Stripe」「Apps+Stripe Billing」どちらの組み合わせでも利用可能です。基本的には「Apps+Stripe」を推奨しています。Stripe Billingの手数料もかかりませんし、途中で価格変更もできるからです。「Apps+Stripe Billing」で利用するメリットは正直ほぼありません。

じゃあなんでAppsはStripe Billingに対応しているの?

既にStripe Billingを使っている販売者がAppsに引っ越してこれるようにするためです。つまり…

  • 既にStripeを使ってサブスク商品を販売していて途中からAppsを利用開始したい
  • Stripe Billingのその他の機能に魅力を感じていて、Stripe Billingを使いつつAppsも使いたい

こういう方のためにAppsはStripe Billingに対応しています。これからサブスク商品を新規販売する方やStripe Billingにこだわらない方は使う必要はありません。

以上

よくあるご質問 目次

🔰はじめての方へ

カテゴリーから探す

Discord連携

決済ページ

Stripe

UnivaPay

顧客とのトラブル

利用料・手数料

アカウント

その他