【2023.5月度】Appsアップデート情報

[Stripe/UnivaPay対応]決済ページに備考欄を追加できる拡張機能「備考欄追加」

Apps拡張機能「備考欄追加」とは?

決済ページに「名前」「メールアドレス」「会社名」以外の入力欄を作れる拡張機能です。備考欄はいくつでも追加することができます。

どの決済フォームに対応してる?

  • 1回払い
  • 分割払い
  • 毎月払い

「備考欄追加」 の使い方

  1. Appsにログイン
  2. 拡張機能「備考欄追加」をインストール
    サイドメニューの「拡張機能追加」をクリックし、「備考欄追加」をインストールしてください。インストールするとサイドメニューに「備考欄追加」というメニューが表示されます。
  3. 決済プランの編集画面に「備考欄追加」というオプションメニューが表示されます
    「備考欄追加」は決済プランの作成・編集ページに自動的に実装されます。
  4. 「顧客情報に備考欄を追加する」にチェックを入れる
    チェックを入れることで申し込みフォーム/決済ページに表示されます。
  5. 備考欄の名前」を入力する
    例:「備考欄」「SNSのアカウント名」など
  6. 必須入力にしたい場合は「必須」にチェックを入れる
  7. 複数入力したい場合は「+」をクリックして行を増やす
  8. 「作成」「更新」をクリックして完了

申し込み完了メールに備考欄の情報を入力する

申し込み完了メールの文面に下記のメールタグを挿入しましょう。

  • ${remarks}…すべての備考欄の名前および備考欄に顧客が入力したの情報に置換されます。
  • ${remarks_name}…1個目の備考欄の名前に置換されます。
  • ${remarks_value}…1個目の備考欄に顧客が入力したの情報に置換されます。

2つ以上備考欄を作成した場合に使えるタグ

複数の備考欄をそれぞれ別の場所に表示させたい場合は下記をご利用ください。

  • ${remarks_name_N}…N個目の備考欄の名前に置換されます。
  • ${remarks_value_N}…N個目の備考欄に顧客が入力したの情報に置換されます。

1個目の備考欄の名前…${remarks_name_0}

2個目の備考欄の名前…${remarks_name_1}

3個目の備考欄の名前…${remarks_name_2}

1個目の顧客が入力したの情報…${remarks_value_0}

2個目の顧客が入力したの情報…${remarks_value_1}

3個目の顧客が入力したの情報…${remarks_value_2}

よくあるご質問

備考欄の追加ができません
既に顧客がいる場合は後から追加することができません。新規でプランを作成してください。

以上

Apps拡張機能一覧

コミュニティ

決済フォーム作成

  1. 1回払い Stripe/UnivaPay
  2. 分割払い(都度入金型) Stripe/UnivaPay おすすめ
  3. 分割払い(一括入金型) UnivaPay おすすめ
  4. 毎月払い Stripe/UnivaPay
  5. PayPalプラス Stripe/UnivaPay

決済オプション

  1. 割引コード Stripe/UnivaPay
  2. 初月日割り請求 Stripe/UnivaPay
  3. 無料お試し期間 Stripe/UnivaPay
  4. 残りわずか Stripe/UnivaPay
  5. リダイレクト Stripe/UnivaPay
  6. お一人様◯個まで Stripe/UnivaPay
  7. 同意チェックボックス Stripe/UnivaPay おすすめ
  8. 入会金 Stripe/UnivaPay
  9. 備考欄追加 Stripe/UnivaPay
  10. お届け先住所 Stripe/UnivaPay
  11. 埋め込みコード Stripe/UnivaPay
  12. 自動送信メールPLUS Stripe/UnivaPay
  13. アフィリエイト Stripe おすすめ
  14. Stripe Billingデータ移行 Stripe
  15. ランディングページ Stripe/UnivaPay

その他

  1. 独自ドメイン(メール) Stripe/UnivaPay
  2. Apps紹介プログラム Stripe/UnivaPay
  3. 適格請求書 Stripe/UnivaPay